先輩たちの声

RSのコーチングやセミナーに参加した先輩たちからの感想やメッセージです。今までの留学生たちがどのような経験をし、どのように感じてきたのか、あなたの背中を後押しするような言葉がたくさん詰まっています。もっと詳しく見たい方は、RSのFacebookページをご覧ください。

Rento Hagino

Asami


Amazon本社において、海外からシアトルに就業されている社員の方にお話をお伺いするという貴重な経験をさせていただきました。お会いすることに満足するのではなく、そこで何を質問し何を吸収するか、その意識をもって取り組むことの重要性に気が付くことができました。留学生という限られた期間をいかに実のあるものにできるか改めて考え直す機会となりました。

Rento Hagino

Fujita Koichi


セミナーを受けた後にマットとコーチングを受けることに決めました。今日は、「BRIDGE Activity」学校とリアルな仕事のギャップを埋めるものについて話しました。例を挙げると、知識のギャップを埋めるために業界の人と話し、リアリティを感じることです。来週は2回目のコーチングを受ける予定です。どのくらい前に進めるか、またどのような展開になるのか楽しみです!

Rento Hagino

Erika Konno


先日Mattさんと電話でお話させていただく機会があり、企業から求められる人材になるために、何が必要かということについて議論しました。たくさんの人に出会い、話を聞くことは、最終的な自己実現に繋がることを知り、ネットワークの大切さを教わりました。留学に来て、ただ英語を勉強するだけではもったいない。留学を通していかに今後のビジョンを明確にし「success」するかが大切であることを知りました。また、Mattさんは留学のギャップを埋めるためのネットワークを増やすための大切な戦略を教えてくださいました。現在の留学後に就活を控えている私にとって、とても説得力のあるお話でした。

Rento Hagino

Ibuki Tamura


はじめてのセミナーで、人とのnetworkingが如何に大切かを学びました。わたしは当初、留学に来て自分が将来何がしたいのかわからないままでした。4か月経った今も、自分の将来設計をしっかり考えられていないままです。目的や計画を練って行動を起こさないと何も変わらないことに今回のセミナーで気づかされました。人との新しい出会いのネットワークをここで築くことが相手のためとなり、最終的には自分のためになるという考えにとても納得しました。わたしのように将来の夢が決まってない人、迷っている人は是非セミナーやイベントに足を運ぶことをおすすめします。

Rento Hagino

Chiharu Oizumi


学びの多い講演会をありがとうございました!すべきことを見つけると同時に捨てるべきことも見つけることができました。また、就活は3年後だからまだ準備をしなくても平気なんてことはなく、留学を成功に導くためには今から6つのステップ(BA)を踏んでいかなければいけないと学びました。早いうちにこれを学べたことをアドバンテージになるようにしていこうと思います。

Rento Hagino

Kentaro Kojima


マットさんの話の中で印象の残ったのは社会人に会う大切さ(Bridge-activity)です。留学や学校で学ぶ事と、企業が求めている人材の間にはギャップがあります。企業が求めている方向に成長するためには社会人と話して行くのが最も有効な方法です。話して行くにつれて話し方や態度が社会人に近づいていきます。業界人はその業界が将来どうなって行くのかの考えを教えてくれます。社会人との人脈を広げて行く力は企業に入っても大きな武器になり、他の留学生との差別化にもなるため就活においても絶対に評価されるポイントです。僕は面識もない社会人といきなり会うのは勇気いるなと思っていたのですが、何人もの人に断られた時のショックよりも、一人でもあって話を聞けた時の価値はそのショックを軽く上回ると聞いてモチベーション上がりました。BRIDGE Activityが留学中の一番の優先順位でなくても良いのですが少しでも社会人と会う機会を作って行くべきだと強く感じました。

Rento Hagino

Minae Tokue


今回のセミナーでは、各質問の裏に「なぜ私を雇うべきなのか」を考えて返答することが難しかったです。しかし、それを伝えることが最も重要であるので、このポイントを押さえて事前に準備すれば、面接で成功することができると学びました。また、複数の人とロールプレイを行ったことで、人によって面接の流れが異なるのだと感じました。様々な質問に答えられるようにあらかじめ返答の用意が必要だと思いました。

Rento Hagino

Kentaro Ichikawa


限られた留学期間の中で人に会い、その業界の言葉や考え方を吸収していくことの大切さを学びました。ほとんどの留学生は現地(アメリカ)でも、社会人には近づこうとせず、友達とばかりいる時間が多いですが、自分の行きたい業種や、興味のある業種で働いている社会人の方々と時間を共にしたり、メンターになってもらうことにより、その業界の言葉であったり、会社であれば社風といったものを学ぶことができるということを学びました。これらの能力や姿勢、雰囲気は自分が学校や町で友達と会話したりしてるだけでは手に入れることができませんが、これからのキャリア形成、特にこれから来る就活では大きな力を発揮することは明白です。今までに気づいていなかったことに気づくことができ、本当によい経験をしました。ありがとうございました。